いまここです


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ハァハァっす
ウユニからバスにゆられて12時間。ラパスに到着。
本当は電車で行くつもりだったけど、乗換がめんどくさかったのでバスにした。
しかし、このバスが常に揺れつづけ、たまにシートから飛び上がり、
床にはボリビア人がねっころがり、更に無理矢理ビールを進められ、
上から味噌汁みたいのが降ってくる、そして当然の様に窓は閉まらなく、さ、寒い。
ムーチョ、フリオー!半ば放心状態。もうこのバスには絶対に乗りたくない・・・

今、ラパスに着いて丁度、1週間たちました。
日本食のレベルが高い!ボリビアのゴハンはウマイ!
飯がウマイと、オレ楽しい!
かなり楽しいこの街で、古着市行ったり、
プロレス見に行ったり、動物園に行ったり、
夜景に感動したいけど寒かったり、
三浦綾子の氷点に夢中になったり、
かっぱわれた、インドヘナのオバチャンの帽子を
取り返したボリビア青年に拍手を送ったり、
毎朝、フルーツ盛食ったり、プレステ屋でウイニング・イレブンしたり、
近くの街の遺跡を見にいったり、街を飽きることなく息を荒げて、散策してます。
後、この街は坂道が急すぎる!空気、薄いのに…。

もう少ししたら、次はチチカカ湖へ。
コパカバ−ナか、一気にペル−のプ−ノへ行かなくちゃ。
おならがプ−ノ。


スゲ−美味くてびっくりした。


プロレス初めて生で見た。面白い。


おばちゃん達はこんな格好。
帽子が風で飛ばないか心配してたら、「あごひも」がついてた。


ワカラナイ、フル−ツがモリモリ。


古代遺跡は男のロマン。


ヒマツブシにいい。値切っといて、買わない。


す、好きだけど、さよなら、ラパス。
| BOLIVIA | 09:14 | comments(0) | - |
ボリビアのどうぶつちゃん
ウユニツアーではいろんな動物に会えました。
初めて肉眼で近くでリャマを見た。ひつじはやたら人に慣れていた。ベビーアルパカはむちゃくちゃカワイイ顔して結構凶暴だった。

ラブリャマ

むしゃむしゃ(あー 草うめー)

あ、人だ

むしゃむしゃ(どうでもいい)

むしゃむしゃ(ひたすら)


ラブひつじ

あら、人だわ

あんた、外人だけど髪黒いわね

(じーーっ)

*この後インドヘナのおばちゃんに追いかけ回されてた


ラブベビーアルパカ

オラ〜★ あたし ベビーアルパカ★

あたしの毛は高いのよ

あんた、さっきからこっち見てるわね

オラッ オラッ 待てー(追いかけられてタックルされた!)
続きを読む >>
| BOLIVIA | 04:56 | comments(2) | - |
ウユニ塩湖 / Day 2-3
ツアー2日目は、ざっくり言うと、フラミンゴと奇岩て感じです。

ピンクフラミンゴの群れ。


すごいバランス。


岩と植物の融合…みたいな。変な岩。


この日のランチに、とうとう出ちゃった、carne de llama リャマの肉。ちょっと食べてしまいました。ごめんよリャマ。


ツアー3日目は、ざっくり言うと、温泉と山て感じです。



蒸気が吹きだしている。イオウのニオイがした


温泉、水着着て入ったり。私は入ってないけど。


ラグーナ・ベルデ。湖に移る山がみどり色。コレ実際見るとかなりキレイです


さらにエメラルドグリーンの湖 (名前失念)


最後に列車の墓場。
楽しいツアーでした!
| BOLIVIA | 06:58 | comments(0) | - |
ウユニ塩湖 / Day 1

ウユニの塩湖2泊3日ツアーに参加しました。
塩湖のことはいつだったかの あいのり で知ったんだけど、その時の塩湖は雨期で、干上がった湖にうすーく水が張ってそこに空が映りこみ、まるで空を飛んでいるかのような感じだった。私達が行った時は乾期の終わりで湖はカラカラの状態でした。どちらの時期に行くのが良いかいろいろ言われてるけど、乾期の塩湖も真っっ白白で、本当に本当に美しく行って良かったです。私はこの旅のなかで ウユニの塩湖を結構楽しみにしていたのです。

見渡す限り、塩!塩!何万ヘクタールだかあるそうです。眩しくて目を開けているのがやっと。









塩で出来ているホテル。塩湖の中にあります。(泊まってないです)

各国の旗がバタバタ



塩湖の中にある魚の島。上から見ると魚のカタチをしているらしい。ウマワカのサボテンで浮かれている場合じゃないほど、またでかいサボテンが!





ランチは島の一角で。
スイス人二人とブラジル人一人、私たちともうひとりの日本人男子、それとドライバー兼ガイド兼料理人のおっちゃんと7人で行きました。

塩湖、すごーく良かった。雨期の時も行ってみたい!
(Day 2-3 に続きます)
| BOLIVIA | 06:23 | comments(0) | - |
ido
ウマワカからバス(アルゼンチンのバスとは思えないボロさ、
しかも立ちっぱなし)に乗って、ラキアカに到着。
ラキアカのバスターミナルから国境までは歩いて15分位かかる。
ボリビアーノを押しわけ、出入国手続を済ませて橋を渡ると
ボリビアはビジャソンだ。
インディヘナのオバチャン達で凄い活気。
国境からビジャソンの駅までタクシーで90円で行けると
おばちゃんに聞いてボッタクリのタクシーを避けつつ、
いいかんじの運チャンに御願いして、駅に到着。
ウユニまでの電車の切符を買って、昼飯食って出発時間まで待ちぼうけ。
待合室のテレビではサッカーの試合、ボリビア対ウルグアイが始まって、
開始直後にボリビアが先制されてテレビは消えた。
沈黙の待合室。

電車に乗りこんで、もの売りのおばちゃんと、お別れしたら電車が動きだす。
1等なので食堂車でごはんも食べれた。窓からの景色は正に世界の車窓から。
長距離バスでの移動に飽きてたから、電車、凄い新鮮で嬉しい。
(この後の経験からボリビア国内の移動はできるだけ電車を使った方が良いと知る)
ゴトゴト揺られて、深夜ウユニに到着です。
あまりの寒さと暗さに写真撮ろうなんて思わなかった。
昼間は市場が建って中々賑やかな街です。夜はデスシティ。
到着後、宿のシャワーが冷たくて思わず失禁。
冷たいベッドの中で「お母さん」と、呟いてスピードスリープ。


国境ゲート


出発します


線路は続くよ〜


食堂車


結構ちゃんとした御飯。


ウユニの街
| BOLIVIA | 05:44 | comments(0) | - |