いまここです


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
OTHERS
<< そんなこんながありまして | m a i n | 130R >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
話題の中国にて…
英語が話せる親切なお兄さんのおかげで、南寧(ナンニン)から何とか無事夜行バスに乗って8時間程、早朝、広州(グァンドゥォン←発音が難しい)に到着。

ここでもやはり旧正月鏡もちの影響でバスのチケットは取りにくくなっていて、もたもたしてたらチケットは売り切れ、南寧で1泊しなきゃいけなくなるところだった。残り4席だったらしい。あぶねぇ。今後台湾までハードな日程なので1日でもロスは痛かったのだ。ホントあのおにいさんには多謝だわ。この旅では本当に色々な人に助けてもらってます。


それにしても広州、めっちゃさぶい。ここ3ヶ月くらいで一番寒い結晶 震えながら地図を見て目当てのホテルを探しさまようが全然見つからない。中国人に道を聞いてみても、みんな反対方向を指したりする・・ここはインドか?!
もうだいぶ日も昇り、明るくなってきてもまだ見つからない・・中国は日本より物価が安いとはいえ、ホテルはピンキリで適当にホテルに入るとめちゃ高価かもしれないのだ。しまも外国人が泊まれるホテルは限られている。
あうぅぅ、寒いし、道分かんないし、バックパック重いし、おなかすいたし・・撃沈 と二人ともギブアップ寸前であったころ、ここでもまた救世主が。ホテルの客引きのおっさんです。三ツ星ホテルのパンフ持って、すぐ近くだから行こう!的なこと言ってくる(中国語なのでニュアンスしかわからん)。そんな三ツ星なんて高いに決まってる、一体いくらなわけ?!と聞いてみたら、1部屋150元だという。今1元15円くらいだから・・え、安いじゃん、そんなら行きます・・二人とも疲れ果てていたので黙々とおっさんの後に続き、歩く。すぐそこだと勝手に思っていたが、実際はそこから15分以上歩き、連れて来られたのはほとんど広州中心街のはずれの学校?のとなりのホテル。だがホテル自体はキレイで問題なく、確かに三ツ星っぽい。エレベーターもある。レセプションもほぼ英語が通じないが、なんとかほんとに1泊150元だよね?と確認できたので泊まることにする。


部屋は一通りの設備は整っており快適。電気ポットまであるよ〜湯のみ まさか中国でこんなホテルに泊まれるとはなぁ〜良かったねぇ。とか言っていたら、よく見たら、まぁ色々しんどかったです(トイレが詰まりやすい・・そして便座がない・・暖房がないので室温10℃以下・・など唖然





さて中国といえば、やはり中華料理食事。 宿の近くにも適当な食堂があり(学生街だし)試しに入ってみると、これが間違いなく美味い。中国人いつもこんな美味いもんこんな安く食ってんのかぁ。
ごはんはかなり美味いけど、中国人の食べ方はすごいです。女の人もすごいスピードでガツガツ&クチャクチャペチャペチャ食い散らかし、ようじくわえて帰っていきます・・・びっくり あの音は拷問のようだけど、味は美味いので我慢しなくてはいけません。


でもまぁとりあえず中国で中華が食べられて満足。世界中で食べてきた中華料理の中でも、やはり中国で食べたのが一番おいしかったかも・・ぴかぴか(特に点心系!ギョウザとか!)


あとは、パンダでも見たいなぁと思ったんだけど、時間もあまりなかったので繁華街をぶらついて広州2DAYS終了。ハノイから香港まで飛行機で飛んじゃおうか?とも考えたけど、終わってみれば中国も体験してよかったな。と私は思います。なんかやっぱり言葉が全然通じないってドキドキ。南米に初めて着いた時みたいな感じ。
それとなんだかんだ言って、中国に来て、長すぎてだらけ気味だった旅がピリっと締まった感じがしたなぁ。

(ここんとこずっと写真を取込めなくて全然アップできませんでした、もう面倒なので写真ナシでお伝えします)写真アップしました(2008/4/30)
| CHINA | 13:10 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 13:10 | - | - |